介護職は育児や家庭との両立が可能なのか

極論を言ってしまえばやる気があれば仕事と家庭の両立は仕事の内容に関わらずできるものだ!と言われてしまいそうですが、育児も家庭のこともきちんとこなせて、仕事もできる良いバランスを取りながら介護職という仕事ができるかと言うことを考えてみたいと思います。人手不足と言われる介護職の職場です。入所施設や老人ホームでの仕事は交代制で夜勤も必須なところが多く、シフト制で子供がお休みの土日にも仕事があったりと育児や家庭の両立と考えると少し難しいものがあるように感じます。しかし、介護職と一言で言ってもその仕事に携わるところは幅広く職場によって育児や家庭との両立もさほど難しくなく行うことができます。

家庭と両立派にオススメしたい職場

家庭と仕事を両立をするために必要なことは「無理のない勤務時間と時間帯」に尽きます。子供が少し大きくなり例えば小学校に通っている時間だけ仕事を始めたいという人にお勧めしたいのはホームヘルパーの仕事です。ホームヘルパーは介護を必要としている人のお宅にお邪魔をして仕事をするものですが、仕事時間は1時間から2時間位と短時間になります。早めの時間や夜の時間帯の訪問の要望ももちろんありますが、昼間の時間帯の仕事依頼も多いです。またその他にオススメしたいのはデイサービスのお仕事です。デイサービスは施設又はそれに準ずる場所に利用者さん達が集まり、リハビリテーションを兼ねた運動や、レクリエーション、食事や施設によっては入浴なども行っています。こちらも日中に行われているので家庭との両立がしやすい職場です。

融通が利く職場選びを

そんな職場を選ぶにしても育児と仕事を両立させるためには融通が利く職場と言うのが大切です。我がままばかり言ってその日は仕事を休みたいとか、突然今日はお休みしますとか言ってしまっては周りの職場の方から非難を浴びてしまうのは当然ですが、育児中は子供の用事や体調不良等でやむを得ず時間を空けなくてはならないこと、仕事をお休みしなくてはならないことがどうしても発生してしまいます。同じように育児と両立して仕事をしている人が多い職場では、お互いに都合が悪くなった時カバーし合って仕事をすすめています。ですから融通が利く職場であることと自分自身も融通の利く人間であることが大切です。助け合えるからこそ家庭と育児と仕事の両立が上手くできるようになっていくのです。