介護職履歴書の書き方
介護職履歴書の書き方

履歴書記載のポイント

(1)黒のボールペン又は万年筆で書く

鉛筆などの消せるものでの記入はNGです。黒のペンで楷書で丁寧に書きましょう。誤字脱字は厳禁です。履歴書はパソコンで作成しても構わないのですが、介護業界では手書きの履歴書の方が好印象です。

(2)西暦と和暦を混在させない

西暦でも和暦でもどちらでもかまいませんが、両者を混在させないようにしましょう。 記載日は、履歴書を郵送する場合は投函する日付を記入します。面接時に持参する場合は、面接当日の日付を記入します。

(3)写真は3か月以内に撮影した物を

3ヶ月以内に撮影した写真を貼付けます。スナップ写真はNG、証明書用の写真を貼りましょう。スーツかジャケットを着用しインナーは白いブラウスが好印象です。髪が長いひとはきちんと結んで顔がしっかり見えるようにします。写真の裏には自分の名前を記入しておきましょう。

(4)住所は省略しない

都道府県から書き、アパート・マンション名なども省略せずに記入しましょう。

(5)携帯番号は必ず記入する
面接や採用の電話がかかってくるので、日中連絡が取りやすい電話番号を記入します。自宅に固定電話がない場合は、携帯電話のみの記入でも問題ありません。
電話に出れないときは留守番電話機能はオンにしておき、できるだけ早く折り返すようにしましょう。

(6)学歴と職歴は分けて書く

1行目の中央に「学歴」と記載して、2行目から高校の卒業年と高校名を書き、大学は学部・専攻まで詳述します。在学中、卒業後に学校名が変わった場合には、現名称を()内に記入します。入学、卒業の学校名が同じでも、「同上」などと省略せずに正式名称を書きましょう。

学歴が終わった次の行を一行開けて、中央に「職歴」と書きます。
アルバイトやパートタイムでも長期のもの介護に関係しそうなもの(介護系の仕事のほか、接客業、サービス業など)は記載します。

(7)資格はすべて書く

介護系の資格はもちろんですが、自動車免許などの他、アロマ検定やネイリストなども人と接するという点ではアピールポイントとなる場合があります。もっている資格はすべて記入するようにしましょう。

(8)自己PRや志望動機は必ず書く

自己PRや志望動機を書く欄があれば必ず書くようにしましょう。介護業界で働きたいと思った理由、求人応募にあたってこの職場で働きたいと思った理由を書きましょう。

まずはこのサイトで探してみる

oukan_smile

smile
スマイルSUPPORT介護は、福祉・介護事業を広く展開する長谷川キャリアサポートが運営している介護職専門の求人情報サービスです。自社及び系列の介護施設も多く、特に首都圏を中心に正社員から、派遣、パートまで幅広い求人を取り扱っています。

介護仕事

link2